「黄蝶」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「黄蝶」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

小さくて黄色いちょうちょ、黄蝶を見かけたのはいつでしたか。

世界の草原や市街地などに見られる黄蝶は3センチにも満たないサイズで、日本で見られる黄蝶の多くはツマグロキチョウです。

そんな黄蝶はスピリチュアル的にはとても縁起がよい存在であると言われています。

「黄蝶」のスピリチュアルでの象徴や意味

全ての蝶は、現世と天界やあの世を繋ぐ虫であると言われる存在です。

蝶は卵から幼虫となって、蛹から成虫になったりと変化を重ねるため、変化や復活の象徴であると言われています。

また古来より蝶は死者の魂を運ぶとか、魂が変化したものだともされてきました。

黄色いカラーの黄蝶は、特に何か幸運な出来事が起きる時の象徴です。

そして黄色は金色に通じているために、金運を高めるともされています。

またモンキチョウは成虫の状態で寒い冬を超す姿もあるために、忍耐の後の幸運の訪れが示唆されているとのことです。

「黄蝶」のスピリチュアルメッセージ

もしあなたが黄蝶をどこかで見かけることがあれば、「これから良いことが起きるよ」「お金が増える出来事があるよ」というメッセージです。

ネガティブな人も、ポジティブになれることが起きるでしょう。

「黄蝶」のスピリチュアル的な解釈

どんな風に黄蝶が現れたかによって、示されている未来は違ったものになっているでしょう。

黄蝶をよく観察して、そのサインを見つけなければいけません。

「黄蝶」いい意味での解釈

ある日自宅に黄蝶が現れたら、家庭内によいことが起きたり、お金が舞い込むことの現れとなります。

黄蝶が自分の周りを飛んだり体に止まったなら、幸運なチャンスの到来と解釈できます。

何事もチャレンジをすることにより、幸福な結果を招きやすい状態です。

そして神社で黄蝶を見ることがあったら神さまに歓迎されているサインであるため、幸福な出来事も舞い込みやすくなっています。

つがいの黄蝶を見かけたなら、恋愛関係で良いことが起きる前触れかもしれません。

「黄蝶」悪い意味での解釈

そんな黄蝶が他の虫に捕食されているような場面は、何か良くないことの前触れになることがあります。

その場合は運気を高める行動をするなど、対策を取ってみると良いです。

まとめ

とても小さな黄蝶との出会いは、幸運の訪れや金運の上昇が示されたものでした。

黄蝶は春から秋によく見かけられます。

休日には黄蝶を探しにお出かけしてみるのも良さそうです。

タイトルとURLをコピーしました