「黒い蜘蛛」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「黒い蜘蛛」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

最近になって身近なところで、黒い蜘蛛や大きな巣を見かけることがありましたか?

蜘蛛は見た目から不快に思う人もいるのですが、実は古来より日本でも縁起が良い昆虫として知られてきました。

黒い蜘蛛をスピリチュアルな視点で見れば、きっと印象も変わってくるかもしれませんよ。

「黒い蜘蛛」のスピリチュアルでの象徴や意味

何故蜘蛛が縁起が良い生き物かと言えば、家にいる害虫を食べてくれることが理由でした。

そのため家の守護の象徴的な存在です。

そして蜘蛛は空に巣を作るので、神さまの使いであり、天と地を結ぶ象徴とも見られています。

そして黒い蜘蛛を見ることは、人の精神が安定して、落ち着いた状態であることを表すものです。

精神が安定していることは、心と体を病む確率を下げるのでとても重要なことです。

「黒い蜘蛛」のスピリチュアルメッセージ

身近なところで黒い蜘蛛を見ることがあったときのメッセージは、「精神が安定しているので上手くいくよ」というものです。

何か結果を出したいことがあったら、まずリラックスして精神を安定させることによって上手くいくでしょう。

「黒い蜘蛛」のスピリチュアル的な解釈

そんな黒い蜘蛛は見るだけでも良いものですが、自宅のどこにいるかによって意味が異なってきます。

そして場合によっては、黒い蜘蛛を見るとネガティブに繋がると解釈できるのは気がかりなところです。

「黒い蜘蛛」いい意味での解釈

とてもサイズが大きい黒い蜘蛛がいたなら、精神的安定は確固たるものになりそうです。

玄関に蜘蛛がいると忍耐の後に幸福が訪れるといいますが、黒い蜘蛛ならば精神の安定を継続すればそれに近づくと解釈ができます。

蜘蛛がお風呂にいた場合は運気がよいことを示していますが、それが黒い蜘蛛だと精神の安定が良い運気を呼び込んでいることを意味します。

もし黒い蜘蛛がトイレに現れたなら、精神的に落ち着いていることで金運に恵まれることが示されているでしょう。

「黒い蜘蛛」悪い意味での解釈

ところが蜘蛛の死骸を見ることがあると、危険が迫っている警告になります。

それが黒い蜘蛛の場合、精神が乱されてトラブルに遭遇する可能性があるということです。

また蜘蛛が夜に現れた場合には不吉であると言われますが、黒い蜘蛛でも同様になります。

いずれにしてもできるだけ精神の安定を心がけることで、不吉を乗り越えていくこともできるでしょう。

まとめ

身近に黒い蜘蛛がいたなら、それは精神の安定で上手くいくことのサインでした。

黒い蜘蛛といっても、明るい時間帯ならとても縁起が良いものです。

これから家の中で見かけた場合、印象が違って見えるに違いありませんね。

タイトルとURLをコピーしました