「黒龍」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「黒龍」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

黒龍は、数多くの龍の中でも最上位にいる龍であり、他の龍よりも30倍の力と10倍の神通力を持っているといわれています。

では、黒龍には、どのようなスピリチュアル的な意味があるのでしょうか。

ここでは、スピリチュアル的な意味や解釈について詳しく解説していきます。

「黒龍」のスピリチュアルでの象徴や意味

道教において、黒龍は北方を守護する神龍であり、決断、信念、精神的成長を意味するといわれています。

そんな黒龍は、スピリチュアル的な観点から見ると「金運の上昇」「健康運の上昇」というよい意味を持っています。

また、水と関係が深い神様でもあることから「水の恵み」という意味も持ちます。

「黒龍」のスピリチュアルメッセージ

黒龍が持つスピリチュアルメッセージは「金運や健康運が上昇する」というものです。

個人の金運や健康運はもちろんのこと、祀られている地域全体の金運や健康運も上昇させてくれるといわれるので、黒龍はとても縁起のよい存在といえるでしょう。

また「水の恵みをもたらす」という意味も持ち、各地域の人々が水に困らないように守ってくれるともいわれます。

「黒龍」のスピリチュアル的な解釈

黒龍を身近に感じれば、金運や健康運が上昇するという嬉しい効果があらわれる可能性があります。

それらの効果にあやかりたい人は、黒龍が祀られている神社に参拝する、黒龍の置物を身近に置くなど、なんらかの形で黒龍とつながるようにしてみるとよいでしょう。

また、龍の形をした龍雲を見た場合には、黒龍が近くにいる可能性があるといわれているのでスマホの待ち受け画面にするのもおすすめです。

「黒龍」いい意味での解釈

黒龍は強力な金運パワーを持っているので、給料が上がる、臨時収入が入るなど金銭面での嬉しい効果があらわれる可能性があります。

また、健康運も上昇させてくれます。

さらに、黒龍は地域全体の金運や健康運も上げてくれるため、黒龍が祀られている地域は経済が活性化する、健康寿命が延びるなどの嬉しい効果があらわれるかもしれません。

「黒龍」悪い意味での解釈

特に悪い意味はありませんが、黒龍からよいパワーを受け取るためには、水をはじめとする自然の恵みに感謝して過ごすことが大切です。

もし、自然の恵みに感謝することなくよいご利益だけを願っている場合は、残念ながら黒龍は力を貸してくれないでしょう。

まとめ

黒龍には「金運や健康運が上昇する」というスピリチュアル的な意味を持ちます。

水の恵みをもたらしてくれる神様でもあるので、自然の恵みに感謝する気持ちを忘れずに過ごすと強いパワーを与えてもらえる可能性があります。

タイトルとURLをコピーしました