「鼻づまり」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「鼻づまり」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

急に起きたら困ってしまうのが、鼻づまりの症状です。

通常は風邪や花粉症などアレルギーが原因になることが多いですが、酸素不足に陥るし口呼吸になるので体によくありません。

ではスピリチュアルな視点では、鼻づまりの状態とは何を示しているのでしょうか。

「鼻づまり」のスピリチュアルでの象徴や意味

全ての鼻づまりの原因になる鼻水とは、本来は心身のネガティブなものを体外に放出する意味があります。

それができないということは、正しい浄化作用ができていないことを意味しているでしょう。

体に不浄なエネルギーが蓄えられてしまっている状態です。

本来の能力や感覚から程遠い状態であり、本来のチャンスを逃していることになります。

「鼻づまり」のスピリチュアルメッセージ

もしも鼻づまりが起きている場合には「心と体に不浄なものが溜まっているから解消して」というメッセージがあります。

鼻づまりの状態では何をしても上手くできない場合が多いですが、普段どおりやってみることは大切です。

「鼻づまり」のスピリチュアル的な解釈

ひとくちに鼻づまりと言っても、確実に善悪両面の解釈が出てくるものです。

鼻詰まりがどんな状態であるかを見極めることによって、今後の対処の仕方も変わってくるでしょう。

「鼻づまり」いい意味での解釈

もしも完全な鼻づまりから詰まったり通ったりを繰り返す状態になったら、悪いものが浄化されつつあるサインであると解釈できます。

また詰まってはいるけれど生活に支障がないならば、あなたの今の波動が良いものに満たされている証拠であり、多少の鼻詰まりでも平気ということになります。

「鼻づまり」悪い意味での解釈

一般的に風邪はウイルスや雑菌が原因と言われますが、スピリチュアルでは波動の乱れであり運気の変わり目を意味しています。

風邪の時に鼻づまりが起きているのなら、周囲から認められていないことに対する不満などが影響しているかもしれません。

自分の意思を伝えることが必要です。

花粉症の時に酷い鼻詰まりが起きているなら、外からの悪意が強いことを意味します。

花粉症のおくすりを飲んで、ストレスを排除するなど現状改善を心がけてください。

鼻詰まりが起きつつ鼻水が流れている場合には、ネガティブが溜まっているけれど解消も進んでいる状態で、チャンスを逃さないようにという警告でもあります。

まとめ

ある時に鼻づまりが悩ましくなったら、それは心身に不浄なものが溜まっていることのメッセージでした。

風邪やアレルギーの対策は必要ですが、それ以上に内面の悪いエネルギーを除去する必要があります。

デトックスして鼻づまりを直して、穏やかに過ごしたいものですね。

タイトルとURLをコピーしました