「1月1日」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「1月1日」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

お正月にあたるのが1月1日です。

どのようなジンクスがあるのか、見ていきましょう。

「1月1日」のスピリチュアルでの象徴や意味

新しい年の訪れをあらわす1月1日。

どんな人にとっても、大切な記念日にあたります。

1月1日は開始、スタートを示しています。

強力な運気が宿る日で、昨日までのことをリセットして新しい気を送り出しています。

カウントダウンの年越しをして心がすっきりするのは、1月1日に魔法のようなデトックスのパワーがあるからです。

また誕生日を1月1日にもつ人は、豊かな才能に恵まれた人が多いです。

華やかな気分に包まれながら、素晴らしい作品を生み出していけます。

「1月1日」のスピリチュアルメッセージ

1月1日には、始動や開始という前向きな意味があります。

家族団らんという役割もあるので、帰省して家族仲良くおせちをつつくのも開運にあたります。

信年の抱負を立てるのも良い時期なので、神社にお参りに行ったら、神様の前で抱負を誓うのもいいでしょう。

また1月1日は悪運を消し去って、新しい幸せを呼び込む要素があります。

水の気が流れているので、若水と呼ばれる新鮮な水で口の中を適度に湿らせておくと、幸せを受け取りやすくなります。

日めくりカレンダーの最初にあたる日を、心から楽しんでみてください。

「1月1日」のスピリチュアル的な解釈

1月1日には恵まれた解釈と、気になる注意点があります。

どちらも見ていきましょう。

「1月1日」いい意味での解釈

1月1日は新しい年神様がやってくる、とても縁起のいい日です。

神様にゆっくり寛いでもらうために、お飾りや部屋の片づけは30日までに終わらせておきましょう。

神様と一緒に食事を楽しむ気分でおせち料理を味わったり、お屠蘇を飲んだりしてみましょう。

煮豆や伊達巻、れんこんや栗きんとんなどの縁起物をいっぱい食べて、体の中から福を呼んでください。

「1月1日」悪い意味での解釈

1月1日はおめでたい日です。

そのため怒ったりいがみ合ったり喧嘩をしていると、神様のご機嫌を損ねてしまいます。

その年が穏便に暮らせるように、何かあったとしても腹におさめ円満に済ませるようにしましょう。

楽しい気分で元旦を過ごしていれば、神様のご機嫌も良くなり平和な年になります。

まとめ

1月1日のスピリチュアルサインを見てきました。

元旦の日は、良いパワーで満ちた日です。

家族団らんを意識しながら、みんなで和やかな時間を過ごしてみましょう。

楽しいジンクスを知って、開運につなげてみてください。

タイトルとURLをコピーしました