PR

「11月」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「11月」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

11月は季節で言えば晩秋から初冬の頃であり、平野部ではモミジの美しい紅葉も見頃を迎えている時期です。

この時期は1年の間でもとても過ごしやすく、自分の能力を高めるのにも最高の季節でもあります。

11月が持っているスピリチュアルな意味は何か、11月のエネルギーの取り入れ方などもご紹介です。

「11月」のスピリチュアルでの象徴や意味

古くから11月は霜降月(しもふりづき)と呼ばれているように、11月は立冬を迎えて涼しさが増し、やがて寒くなっていく時期です。

平野部の日中の気温は10度台なので、真夏や真冬に比較しても過ごしやすいと感じられます。

過ごしやすい上に秋の紅葉の美しさを感じ取れるので、人の波動や精神状態は安定しやすいでしょう。

収穫の秋、芸術の秋といった言葉があるように、自然界や人のエネルギーが上昇したり、前向きさや集中力が高まり成果が出てくる時期です。

11月の自然の恩恵を受け取って目標を定めて行けば、心身の健康を実現できて、自分自身の向上につなげて行くことができるでしょう。

「11月」のスピリチュアルメッセージ

あなたが11月を迎えたら、「自身の力を高めて行くべきだよ」とか「あなたの能力が発揮されるよ」というメッセージになっています。

11月の恩恵を受け取れたら成果を得ることができ、これから到来する寒い冬も乗り越えて行けるでしょう。

「11月」のスピリチュアル的な解釈

11月ならではの恩恵は、余すところなく受け取るのがおすすめです。

その方法は秋の味覚をいただいたり、秋の行事に参加したり、秋の自然を鑑賞するなどがあるので試してみてください。

「11月」いい意味での解釈

秋の味覚をいただくことによって、エネルギーを高めて幸福を獲得してみるのがよいです。

さんま、ししゃも、さば、さつまいも、柿など、秋ならではの味覚を毎日のように味わってみてください。

11月7日まで続く秋の土用には、辰の日に「た」の食べ物や「青いもの」をいただくとご利益が大きいと言います。

たこ、たまねぎ、大根、青魚などを使った料理がおすすめです。

秋の行事と言えば酉の市で、開運や商売繁盛のご利益が高いと言われています。

縁起物である熊手を手に入れ、翌年の幸福までも祈願してみましょう。

秋の七五三は子供の行事ですが、七五三を祝うことによって子供の成長や幸福が得られると言われているので、ぜひ参加してみてください。

そして秋の紅葉の絶景を眺めれば、波動を高めて運気上昇を招くことに繋がります。

「11月」悪い意味での解釈

もしも11月になって秋の味覚をいただくことができなければ、その頃に最高の状態で過ごすことはできないかもしれません。

まとめ

涼しくて過ごしやすい11月は人のエネルギーが上昇しやすく、成果が出やすい時期なのでした。

11月ならではの味覚を得たり紅葉を鑑賞すれば、エネルギーを高めていくことができます。

11月の恩恵は必ず獲得して、己を高めて行くのが良いでしょう。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする
スピリチュアル辞典:DearHome