PR

「12月」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「12月」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

年の終わりをあらわす12月。

師走にまつわる、スピリチュアルサインを見ていきましょう。

「12月」のスピリチュアルでの象徴や意味

クリスマスなど、賑やかなイベントが控えている12月。

1月から始まった年が、12月で終わりを迎えるので、とても区切りのいい月です。

元旦に立てた計画がこの月までに実っていき、大きな成果が生まれます。

ちなみに12月といえば師走を思い浮かべますが、一方で「春街月」という可愛いネーミングもふくまれています。

旧暦では12月までが冬、1月からは春という考え方があって、12月を「春を待ちわびている月」とあらわしていました。

厳しく寒い季節ですが、この期間を乗り切れば多くの幸せも待っています。

来年がよい年になるのを期待しながら、ポジティブな計画を立てていきましょう。

「12月」のスピリチュアルメッセージ

木枯らしが吹いて、冬本番の日々が続いていく12月。

クリスマスパーティーの準備をしたり、お正月の飾り付けや年賀状を気にしたり、色々なやることも控えています。

翌月には新しい年が始まるので、うららかな春を待つように色々な準備をしてみましょう。

「来年はどんな年にしよう」と想像して、新しい計画を立ててみるのもいいです。

「今年はここまで出来たから、来年はこっちに取り組んでみよう」と今年のできたことを振り返って、新しい目標を見つけていくと運気が光っていきます。

また12月は「極月」とも呼ばれていて「極めていく月」です。

やり残しがあればまだまだ挽回できるので、反省を翌年に持ち越さないよう、何かに着手してみてください。

きっと良い方に回っていきます。

「12月」のスピリチュアル的な解釈

12月のいいお知らせと注意点をお伝えします。

「12月」いい意味での解釈

12月の誕生石は、タンザナイトとトルコ石、そしてジルコンです。

いずれもブルーの美しい石で、締めくくりの年にふさわしい知性と美しさを授けてくれます。

思慮深さを宿してくれるので、気持ちを整えたい時に向いています。

賢い12月の石とうまく付き合い、あなたの心も磨いていきましょう。

「12月」悪い意味での解釈

12月31日は、新しい神様をお迎えする大切な1日です。

そのためこの日に餅をつく、お飾りを飾ると、それぞれ「縁起が良くないこと」になります。

年神様を穏やかな気持ちでお迎えできるように、新年の準備は12月30日までに済ませておきましょう。

まとめ

12月の幸せのジンクスを見てきました。

締めくくりの年をあなたらしく迎えてください。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする