「2月29日生まれの人」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「2月29日生まれの人」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

向き不向きが気になることもあります。

2月29日生まれの人のスピリチュアルパワーを見ていきましょう。

「2月29日生まれの人」のスピリチュアルでの象徴や意味

うるう年だけに登場する、特別な日もあります。

2月29日生まれの人は星のパワーを受け継いだ、素晴らしい才能の持ち主です。

ひとつのことに専念できる気質があって、絵を描いたり書道をしたためたりすると、抜群の才能をあらわします。

小さい頃から他の人とは違う独特のセンスがあって、一芸に秀でている人が多いです。

見た目はソフトでも内側は芯が固く、自分の考えを決して曲げないという気質もあります。

「2月29日生まれの人」のスピリチュアルメッセージ

2月29日生まれの人は、特別な才能を携えた偉大な人です。

数年に1度しか訪れないうるう年生まれなので、恵まれた素質をもっています。

先天的に優れた能力があるので、子供の時には神童やギフテッドと呼ばれることもあります。

知能指数が高いのでペーパーテストを楽に仕上げる、バイオリンやピアノの作品をすぐに覚えてしまうことがあります。

「周りと違うこと」に目を向けずに、違うからこそ得られる楽しみを増やしていきましょう。

「2月29日生まれの人」のスピリチュアル的な解釈

2月29日生まれの人のいいお知らせと注意点を見ていきましょう。

「2月29日生まれの人」いい意味での解釈

2月29日生まれの人は、よく気が付く人です。

小さな優しさを持っていて、周りの空気を敏感に感じ取ります。

一方で自分の好きなことに対しては、一心不乱に取り組めます。

スイッチが切り替わると別人のように、熱中できます。

柔らかさと強さを同時に備えているので、周囲の人と上手く関わりながら、高い能力を発揮していけるでしょう。

科学者や考古学者も向いている職業です。

「 2月29日生まれの人」悪い意味での解釈

デリケートな気質があるので、明るい光や激しい音が苦手です。

そのため救急車の音やパトカーのサイレンが繰り返し聞こえるような所にいると、落ちつかない気持ちになります。

決して人が苦手という訳ではありませんが、静かな環境をひと一倍好みます。

周りの環境をよくチェックしてから、引っ越し先を決めるのもおすすめです。

人が多い場所よりも人が少ない地方の方が、水が合うこともあります。

まとめ

2月29日生まれの人のジンクスを見てきました。

4年に1回しか巡ってこないうるう年生まれなので、素晴らしい才能の持ち主が多いです。

いいお知らせを受けて、自分を知るヒントにしてください。

タイトルとURLをコピーしました