「3月11日」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「3月11日」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

心に刻まれる、不思議な余韻の日があります。

3月11日のスピリチュアルメッセージを見ていきましょう。

「3月11日」のスピリチュアルでの象徴や意味

少しずつ、暖かさを取り戻していく3月11日。

3月11日は宇宙の暦では、暮れの季節にあたります。

3月下旬の春分の日が「元旦」にあたるので、一年の総仕上げをしていく段階にはいります。

そのため色々な気が複雑に重なり合って、ぶつかり合うこともあります。

ある人は片付けの準備をしていて、別の人はおせち料理を詰めていたりする、どこか賑やかな日です。

気と気がそれぞれの方向を向いているので、大きなことが起こる場合もあります。

また「ご先祖様を大切にする」という使命もあるので、すでに旅立った方に思いを馳せることも有意義な過ごし方になります。

「3月11日」のスピリチュアルメッセージ

3月11日は地球上に、色々なエネルギーが交錯している日です。

光が鏡に当たって反射するように、それぞれの気が不定期に流れています。

大晦日のどことなく慌ただしい空気を思い浮かべながら、あなたらしい時間を過ごしてみてください。

また過去と現在がつながりやすい日なので、お墓参りや黙とうも素晴らしい行いです。

家族と足並みをそろえて、優しい時間を過ごしてみましょう。

またこの日を過ぎると、宇宙のお正月期間が待っています。

新しい年が幕を開けるように、楽しいイベントがいっぱいやって来ます。

嬉しい出来事を心待ちにしながら、多くの福を迎えていきましょう。

「3月11日」のスピリチュアル的な解釈

3月11日には素晴らしいパワーと、気を付けたい懸念点があります。

どちらも見ていきましょう。

「3月11日」いい意味での解釈

3月11日は静かながらも、芯の強いパワーであふれています。

亡くなった方を思い浮かべやすく、家族に対する愛情も増してくる日です。

思いやりと助け合いの気持ちを大切にできる、とても優しい日です。

いつもは照れ臭くて言えない感謝の気持ちを、家族や恋人に伝えてみましょう。

心と心が会話をして、いい関係に発展していきます。

「3月11日」悪い意味での解釈

3月11日はエネルギーが乱反射しやすく、突発的なことも起こりやすいです。

また心を失ってしまうと、誤った判断をすることもあります。

いつもより時間に余裕をもって、色々な業務にあたるようにしましょう。

落ちついて動けば、幸せな日になります。

まとめ

3月11日のスピリチュアルパワーを見てきました。

家族愛が深まる日なので、思いやりのある優しい時間を過ごしましょう。

幸運の道しるべを見つけて、素敵な一日を迎えてください。

タイトルとURLをコピーしました