「4月4日」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「4月4日」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

「4月4日」の持つ「スピリチュアル的な意味・象徴・メッセージ」について詳しく説明していきます。

「4月4日」のスピリチュアルでの象徴や意味

スピリチュアルにおいて「4月4日」は、「3月3日の桃の節句と5月5日の端午の節句の中間に当たること」から、「生物学的な性差のみにとらわれずに自分らしいライフスタイル・信念」を追求できることを象徴しています。

「4月4日」「4(し)」が重なることから「幸せの日」でもあり、「みんなに自分の魂レベルに相当する幸せ・癒しが訪れる」の意味もあります。

エンジェルナンバー「4」の影響で、「天使たちの最高レベルの祝福と支援」も受けられそうです。

「4月4日」のスピリチュアルメッセージ

「4月4日」のスピリチュアルメッセージは、「数え切れないほどの天使たちが、あなたの新しい環境・ステージに向かう門出を祝福してくれます」というメッセージになります。

「4月4日」は、「LGBT特にトランスジェンダーの人も含めたすべての人たちに、性別・ジェンダー・偏見にとらわれない幸福・安心が降り注ぎます」といったスピリチュアルメッセージを伝えています。

「4月4日」のスピリチュアル的な解釈

「4月4日」のスピリチュアル的な解釈には、「いい意味の解釈」「悪い意味の解釈」があります。

それぞれの意味の解釈を分かりやすく紹介していきます。

「4月4日」いい意味での解釈

「4月4日」のいい意味での解釈は、「男性でも女性でも、性別を理由とする理不尽な差別的待遇を受けることがないこと」を示しています。

「他者からの偏見・差別によって精神的に傷つけられるリスク」が小さくなっています。

「あなたらしい自由で刺激的な人生のスタート」を、「無数の天使たちが全力でサポートしてくれる最高の運気」に向かっているのです。

「4月4日」悪い意味での解釈

「4月4日」の悪い意味での解釈は、「男性であることや女性であることを理由にして、やりたいことができない制度・偏見の壁に直面すること」になります。

「4月4日」「自助努力+スピリチュアルな自己啓発の不足」によって、「天使たちのスピーディーな応援・助言」を受けられない恐れがあるといった悪い意味の解釈もできるのです。

「幸福感・癒しの時間をしばらく満喫できる可能性」は高いのですが、「幸福感から失望感に転落するときの気持ちの落差」には注意が必要です。

まとめ

「4月4日」の日にちが持っている「スピリチュアル的な意味」を分かりやすく解説しましたがいかがでしたか?

「4月4日」「象徴・スピリチュアルメッセージ」について詳細にリサーチしたいという人は、この記事の解説を参照してみてください。

タイトルとURLをコピーしました