「DVやモラハラをする人」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「DVやモラハラをする人」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

暴力的な発言や行動を取られることもあります。

DVやモラハラをする人の、ジンクスを見ていきましょう。

「DVやモラハラをする人」のスピリチュアルでの象徴や意味

パートナーに対して、高圧的な態度を取る人もいます。

優しい人だと思っていたのに、同棲や結婚をしてから態度がガラリと変わると「どういう力が働いているのだろう」と不安になります。

スピリチュアルの世界でDVやモラハラをする人は、とても幼い人をいいます。

精神的に未熟で、自分に自信のない人をあらわします。

強そうに見えますが、それは「自信のなさ」を隠そうとして空威張りしているだけです。

もしあなたの周囲に暴言や暴力をおこなう人がいたとしても「私が悪い」と思わないこと。

相手の問題なので、きっぱりとした態度を取ることも大切です。

冷静に観察する心を忘れずに、その人と向き合っていきましょう。

「DVやモラハラをする人」のスピリチュアルメッセージ

身に覚えのない嫌がらせを受けたり、人格を否定されるようなことを言われたりすると、自分の運命を呪いたくなります。

「生きているのがつらい」という気になりますが、決して自分に原因があると思わないようにしましょう。

DVやモラハラは「暴走している状態」をあらわします。

大きな悩みやストレスを抱えているものの、そのはけ口を上手く見つけられず、パートナーに充てつけてしまいます。

また魂が未熟なので、悪いことが起きると、身近な人のせいにしたくなります。

こうした人が近くにいたら、あなたの身を守ることを第一に考えてください。

また第三者を交えて、開放的な空間にすることも大切です。

閉じられた空間に2人きりにならないように、友達や親戚を家に招くなどして、工夫をしていきましょう。

「DVやモラハラをする人」のスピリチュアル的な解釈

DVやモラハラをする人のいい解釈と注意点を見ていきましょう。

「DVやモラハラをする人」いい意味での解釈

神様はときに幸せになる前に、厳しい試練を与えることもあります。

地獄のような辛い日々はとても切ないものですが、辛ければ辛いほど大きな幸せが待っていることもあります。

この先はきっとあなたを認めてくれる人が現れてくれ、解決の方向に向かっていきます。

一時的に実家に避難する、外で仕事をして家に閉じこもらないようにするなど、できる手を打ちながら脱出する方法を探していきましょう。

「DVやモラハラをする人」悪い意味での解釈

DVやモラハラを受けていると、魂が消耗することがあります。

辛くて苦しい戦いに疲れたら「逃げる」という手もあります。

安心できるシェルターのような場所に避難させてもらうなど、行政や警察に相談すれば、安心な居場所を提供してもらえることもあります。

できない我慢は、しなくても良いもの。

逃げることは恥ずかしいことではないので、安心して外に道を見つけてください。

まとめ

DVやモラハラをする人のスピリチュアルサインを見てきました。

家族や恋人を見下す人の魂は、未熟で幼いものです。

あなた自身に非はないので、冷静な心で明るい道を見つけていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました