「hsp」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「hsp」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

hsp体質といわれることもあります。

デリケートな気質の、幸せなジンクスを見ていきましょう。

「hsp」のスピリチュアルでの象徴や意味

ほかの人よりもナイーブな感性を持っている人を、hspと呼ぶことがあります。

いわゆる敏感な人といわれていて「自分もそうなのではないか」と不安に思うこともあります。

スピリチュアルの世界でhspは「特別な才能を、神様から分けてもらった人」をあらわします。

周りの反応が気になる、匂いや音に敏感、ゆっくり物を考えるなど、hspの気質は色々とあります。

ネガティブに思われることもありますが、感受性が高い、相手の気持ちに共感できる、小さな変化に気付けるなど、多くの恵まれた才能があります。

ほかの人にはない特別な才能を持っている、素晴らしい人をいいます。

「hsp」のスピリチュアルメッセージ

自分や身の回りにいる人が、hspではないかと思うことがあります。

デリケートでもろい気質があるので「生きづらそう」とネガティブに感じてしまいますが、決してそういう訳ではありません。

豊かな感受性があるので、例えばミュージカルやコンサートに行くと、多くの感動をしながら家路につけます。

チケット代以上の感動ができて「見に行ってよかった」と満足できるようになれます。

また体調が優れない人をいち早く見つけて、人命救助に繋げることもあります。

一般的な人よりもセンサーが多く働いているので「できること、感じること」が倍に増えていきます。

デリケートな気質であることを否定的に考えずに、その活かし方をひとつずつ考えていきましょう。

きっと未来が明るくなっていきます。

「hsp」のスピリチュアル的な解釈

繊細な気質がある時の、いいメッセージと注意点を見ていきましょう。

「hsp」いい意味での解釈

特別な感性を持っていると「先を見通すこと」ができるようになります。

石橋を叩きながら物事を進めていけるので、何でも計画的に進めていけるようになれます。

無鉄砲に何にでも飛びつかないので、失敗をしにくく成功を得やすいです。

一歩ずつ前を見て、進めていけます。

「hsp」悪い意味での解釈

特別なパワーがあるので、デリケートな気質があると「疲れやすくなる」というジンクスもあります。

いつでも気を張って生きているので、家に帰るとどっと疲れが出ます。

ひとりの時間を大切にして、心を回復させてあげましょう。

無理をせず、あなたの魂を守ってあげてください。

まとめ

じっくり考えながら、人生を見つめていけるhsp気質。

デメリットが強調されることがありますが、スピリチュアルの世界では「特別な才能」をあらわします。

いいスキルと受けとめて、明日からの暮らしを楽しんでください。

タイトルとURLをコピーしました